髪の基礎知識

髪の毛については、意外と知らないことが多いと思います。
ある程度の基礎知識を持っていれば、
育毛やヘアケアをするのに役に立つかも知れません。

髪の毛の成分はタンパク質であるケラチンで構成されています。
髪の毛で頭皮の下に隠れている部分を毛根と呼び、
頭皮から上に生えている部分を毛幹と言います。

毛根の先に膨らんだ部分があるのですが、そこを毛球と言い、
その内側には毛乳頭があります。

毛乳頭は毛細血管を通ってきた血液の栄養分を
毛母細胞に与える重要な役目を担っています。

毛母細胞は栄養分を受け取ることで細胞分裂を繰り返し、
増殖して毛幹として頭皮から生えてきます。

毛幹は、中心から三つの層で構成されており、
内側からメデュラ(毛髄質)、コルテックス(毛皮質)、
キューティクル(毛小皮)と名称付けられています。

メデュラは毛幹の中心部分ですので細胞と共に空気を沢山含み、
栄養分を吸いあげます。

コルテックスは毛幹の大部分を占め、
メラニン色素を含んだ繊維状の細胞で、
このメラニン色素の量で髪の色が決まってきます。

キューティクルはよく聞く言葉ですが、
魚のうろこ状に何層にもなり、
髪の内部を保護する役目を担っています。

髪と生活環境

若はげや薄毛で悩んでいる人はたくさんいます。
そして、発毛剤や育毛剤、カツラなど、
薄毛の悩みを解決するためのさまざまな商品が販売されています。

こうした髪の問題というのは、
やはり親からの遺伝によるという場合も多いと思います。

でも、すべてが遺伝が原因とは言えません。
後天的な問題、たとえば食生活やストレス、精神疾患などで、
髪が薄くなったりはげてしまうこともよくあります。

とくに、現代人の生活環境というのは、
髪にとって好ましくないことがたくさんあります。

たとえば、ファストフードやファミリーレストラン、
あるいはコンビニなどはいつでも利用できます。

すると、昼と夜が逆転するような暮らしになったり、
栄養のバランスを考えずに偏った食事を摂ったり、
というようなリスクが高くなってしまいます。

睡眠をしっかりとることやバランスのとれた食事、
こうしたことは遺伝とは関係なく、
自分でコントロールができるものです。

頭皮や髪の毛にとって好ましくないものはなるべく避けること、
まずはここから始めることが大切だと思います。

発毛剤や育毛剤

薄毛で悩んでいる人にとって、
どんな発毛剤や育毛剤を選べばいいのかは大事な問題です。

発毛剤というのは、髪の毛が生えるようにするもので、
育毛剤は、今ある毛を育てるものだと思うのですが、
発毛剤としてよく知られているのが、
大正製薬の「リアップ」ですね。

でも、実際に発毛剤を使って髪の毛がフサフサになった、
という話を私は聞いたことがありません。
うぶ毛ぐらいは生えるのかも知れませんが・・・。

となると、薄毛の人は新しく毛が生えることを期待するより、
今ある毛を太く強く育てて抜けにくくするほうがいいと思います。

地肌が見えてしまっている頭皮であっても、
多少のうぶ毛は残っているはずです。

ですから、残ったうぶ毛を成長させるために、
どうすればいいのかを考えたほうがいいと思います。

そして、薄毛についてあまり深刻に悩まないようにすることです。
悩み過ぎるとそれがストレスになり、脱毛症になってしまって
さらに薄毛が進んでしまうなんてことも考えられます。

薄毛の悩みに一番よく効く薬は、
「気にしない」ことなのかも知れません。

発毛は継続が大事

発毛というのは、そう簡単に効果が出るものではありません。
頭皮の状態や髪の質というのは、人それぞれ違います。
ですから、発毛剤を使うにしても、
自分に合ったものを選ばなければなりません。

となると、やはり専門家に診てもらうのがいいと思います。
そして、より発毛の効果を得られるように、
計画的に取り組んでいかなければなりません。

まず、最初の段階としては頭皮を健康にすることです。
髪の毛が生えやすい環境にするためには、
健康な頭皮を保つことはとても大切なことです。

傷んだ頭皮からは、弱い髪の毛しか生えてきません。
ですから、強い髪の毛が生えてくるように、
しっかりした健康な頭皮にする必要があります。

こうしてまずは地ならしをしてから、
発毛剤などを使い、その効果をより高めるのです。
あとは、頭皮の健康を常に保ちながら、
発毛剤の効果が現れるまでじっくりと続けていくことです。
くれぐれも、すぐに効果が現れると期待し過ぎてはいけません。
「継続は力なり」ということですね。

髪の生え代わり

抜け毛で悩んでいる人は結構多いと思いますが、
人間の髪というのは、古い髪の毛は抜け落ちて、
新しい髪の毛が生えるようになっています。

この新しい髪の寿命というのは、男性は3年から5年、
女性は4年から6年といわれています。
ですから、理屈としては、およそ5年をかけて、
すべての髪が生え代わるようになっているということです。

そして、抜け毛の量よりも新しく生える髪の量が少なかったり、
生えた髪が成長してくれなかったりすると、
髪が薄くなってしまうことになります。

残念ながら、抜け毛というのは防ぐことができません。
ですから、薄毛対策としては、新しい髪が生えやすくし、
そして無事に成長できるようにしなければなりません。

そのためには、まず、頭皮を健康に保つことです。
栄養をしっかり吸収することができる健康な頭皮で、
髪が発育しやすい状態にしてあげることが大切です。





【ふけ・かゆみ、薄毛・抜け毛が気になる方】【細い髪・やわらかい髪でボリュームが無い方】へおススメ 【育毛シャンプー】 薬用ケモアスカルプシャンプー【医薬部外品】【定期購入】【smtb-ms】
ヘアケア専門店 グッドスマイル
定期購入のお届け日のご指定は、システムの都合上お申込より6日後以降からしか、ご選択できません。 初回

楽天市場 by 【ふけ・かゆみ、薄毛・抜け毛が気になる方】【細い髪・やわらかい髪でボリュームが無い方】へおススメ 【育毛シャンプー】 薬用ケモアスカルプシャンプー【医薬部外品】【定期購入】【smtb-ms】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

薄毛対策あれこれ

髪が薄い人や禿げている人のなかには、
発毛について悩んでいるという人も多いと思います。

最も自然な方法で、昔からよく言われてきたのが、
海藻類をたくさん食べるということです。
海藻類に豊富に含まれるミネラル、ビタミン、カロチンが、
髪の毛にとってはとても大切な栄養分なのですね。

どれだけ確実な効果があるのかはわかりませんが、
何もしないでいるよりは、
海藻類をなるべく多く食べるぐらいならできると思います。

また、今ある髪を減らさないようにすることも必要です。
とくに注意をしたいのがストレスです。
ストレスは、体にも心にもよくありません。
ストレスによって抜け毛がひどくなったり、
髪の発育が十分できなかったりすることもあります。

他にも、発毛促進剤や育毛剤を使ったり、
人工の増毛、植毛、カツラなどいろいろな方法があります。
かかる費用についてもさまざまなので、
よく検討しなければなりません。




【第一三共ヘルスケア】NFカロヤンガッシュ(無香料)240ml壮年性脱毛症・薄毛に!【第3類医薬品】【特価品】【smtb-k】【w3】【2010_野球_sale】
激安健美通販@サクサクドラッグ
内容量 240ml 効果・効能 ●壮年性脱毛症、円形脱毛症、びまん性脱毛症、粃糠性脱毛症 ●発毛促進

楽天市場 by 【第一三共ヘルスケア】NFカロヤンガッシュ(無香料)240ml壮年性脱毛症・薄毛に!【第3類医薬品】【特価品】【smtb-k】【w3】【2010_野球_sale】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

発毛剤はいろいろ

発毛剤にはいろいろな種類のものがあります。
やはり医学の進歩や研究の成果によるものなのでしょうね。
たとえば、頭皮に塗布するタイプの発毛剤では、
大正製薬のリアップなんかは有名です。
脱毛の大きな要因である男性ホルモンの働きを抑制します。

リアップに含まれているミノキシジルという成分は、
毛細血管を拡張する作用があり、
血流がよくなって栄養が運ばれやすくなり、
毛母細胞が活性化して発毛を促進します。

飲む発毛剤では、万有製薬のプロペシアがあります。
男性型脱毛症の治療薬とされており、
効能としては、男性ホルモンの生成を阻害して、
髪の毛が抜けることを抑えます。
飲めばすぐに効果が現れるというものではないので、
少なくとも半年以上は続けてみたほうがいいと思います。